生徒指導一覧

生徒と教師の共依存。頼られることの甘美さからの脱却を!

教師と生徒の共依存。相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、そして相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平安を保とうとするという共依存。生徒の自立を望むなら、共依存は今すぐ止めましょう。

記事を読む

生徒から他の教師(同僚)の悪口を言われたときの答え方

生徒が、教師であるあなたに他の教師(あなたの同僚)についての批判を伝えてくることがあります。ほとんど悪口と言ってもいいような内容です。そんなときどうしますか?目の前の生徒も同僚のことも、どちらも立てるためにはどう言えば…と考えていませんか?

記事を読む

生徒から嫌われる教師の特徴とは?そして、嫌われないためには?

生徒から嫌われる教師の特徴をまとめました。上から目線であったり、嫌味を言ったり、建前重視であったりすれば生徒から嫌われてしまいます。自分はそんなことない、と思っていても気づいたらそういう状態に陥りやすいのが現代の教育現場です。

記事を読む

生徒指導では「嫌われ役」の教師が必要なのか?③

学校では校則などのルールが多すぎて、教師が生徒を叱る場面が多すぎる。納得できないルールによって叱られると生徒は教師を嫌いになる。とはいっても、現実的にルールがある以上、ルール違反をした生徒を叱らなければならない。ではどうすればいいのか?

記事を読む

生徒指導では「嫌われ役」の教師が必要なのか?②

「嫌われ役」の教師がいると生徒指導がうまくいきやすい。自分が「嫌われ役」となることで事態を解決させた経験がおありの方も多いでしょう。そもそもなぜ「嫌われ役」を作ることが多くなってきたのか?それを作ることは有効なのか?なくてもうまくいくのか?

記事を読む

生徒指導では「嫌われ役」の教師が必要なのか?①

生徒指導においては、ときに自分が「嫌われ役」となって事態を収拾する経験をした方もおられるでしょう。あるいは、学校に「嫌われ役」の教師が常駐している(笑)ということもあるかもしれません。実際に「嫌われ役」は必要なのか?考察しました。

記事を読む

教師としての信念に執着しすぎず流動的な生徒を見よう!私の失敗例

教師としての信念ができてくると、それにこだわりすぎて柔軟性を書くことがあります。生徒の様子や教室の雰囲気は生きていますので刻々と変化していきます。自分のやり方に執着しすぎて失敗した経験を紹介し、柔軟性の重要性を考えてみます。

記事を読む

生徒の自主性を奪うようなサービス過剰は生徒の成長を妨げてしまう

学校では教師による生徒に対するサービス過剰が加速されているような気がします。生徒のために、という気持ちが増大し、生徒が失敗するチャンスすら奪ってしまうような手厚い体制は、結局は生徒の成長を妨げてしまします。

記事を読む